大平洋製鋼株式会社

COMPANY 企業情報

  1. ホーム
  2. 企業情報

暮らしを支える社会インフラ。
その骨格には、常に鉄鋼製品があります。

美しい自然に囲まれた富山県において、大平洋製鋼は優れた技術と品質により、
自然環境に配慮しながら、優れた鉄鋼製品を造り出しています。

大平洋製鋼は1938年創立以来、「優れた技術と品質により 自然にやさしく 社会に貢献する」を企業理念とし、北陸富山の地で製鋼・鍛造・熱処理から機械加工までの一貫した生産体制で鍛鋼品を生産する専業メーカーとして発展してまいりました。
主力製品である独自技術で開発した自社ブランドのNTロールは、鉄道用、橋梁用、高層ビルや護岸工事等、インフラの設備に大量に使用されるいわゆる形鋼の熱間圧延ロールとして、その優れた耐久性により、高炉メーカーをはじめ、国内外の製鉄会社で長年に亘って、ご愛顧いただいております。
また、発電機用タービン部品として、超高温、高圧の蒸気を制御する一連の大型バルブ、超高温、高圧下で長時間に亘り安定して高速回転する、鍛鋼品としては最高水準の品質が要求されるタービン・ローターや発電機軸、厚肉の配管部材、フランジ類など、水カ・火力から原子力発電に携わる殆どの重電プラントメーカーに納入し、高い信頼と評価をいただいております。
その他、各種の産業機械業界から求められる一般鍛鋼品につきましても品質、価格、納期とも競争力のあるメーカーであります。

これからも関係グループ会社と相携えて一層の努力を重ね、特色ある鍛鋼品を供給し続けることで社会に貢献してまいります。

代表取締役社長 渡邉 讓

代表取締役社長

渡邉 讓Yuzuru Watanabe

CSR・環境への取り組み
鉄は何度でもリサイクルできる素材で、ほぼ全量が回収・再利用されています。大平洋製鋼においても、機械加工で出た鉄くずを再度電気炉で溶解して製造に役立てています。また、私たちが作っている発電所用部材は地熱発電やバイオマス発電など再生可能エネルギーを用いた発電所でも使われています。私たちは、鉄を用いて環境に優しい事業を行っています。
品質方針

顧客要求事項を的確に把握し、常に新技術にチャレンジして
品質の継続的改善とコスト削減に努め
適切な価格と納期で顧客の期待を超える製品とサービスを提供する

環境方針
〈基本理念〉

大平洋製鋼株式会社は、鍛鋼品の製造という事業活動に伴う環境影響を認識し、環境負荷を軽減するために次の基本方針を掲げ、真摯に取り組みます

〈基本方針〉

1.調和
PDCAサイクルの実践によって継続的な改善を図りつつ、汚染を予防し環境と調和した工場を目指します

2.循環
電力及び化石燃料の節減と、スラグやダスト等産業廃棄物の再利用に取り組み、循環型社会の形成を推進します

3.順法
良識ある企業市民として社会的責任を自覚し、環境関連法規等を順守します

会社概要

会社名 大平洋製鋼株式会社
所在地 [本社・製造所]富山県富山市下新日曹町1-93
Google Map
[東京事務所]東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビル
Google Map
代表者 代表取締役社長 渡邉 讓
連絡先 [本社・製造所]TEL 076-432-4175(代表)
[東京事務所]TEL 03-4243-1260(代表)
創業 昭和13年4月
資本金 7億円
社員数 男性:198人 女性:18人 合計:216人 (2022/1/1現在)
主要製品 発電関連部品、熱間形鋼圧延用ロール(NTロール)、製紙用サクションロール、カレンダーロール、船舶用エンジン部品、その他あらゆる産業機械部品の鍛鋼品
主要取引先 日本製鉄株式会社、三菱重工業株式会社、JFEスチール株式会社、東国製鋼株式会社、現代製鉄株式会社、ニューコアヤマトスチール株式会社、荏原エリオット株式会社、東芝エネルギーシステムズ株式会社、日立GEニュークリア・エナジー株式会社、LIBERTY PRIMARY STEEL
厚生施設 [独身寮]3階建て、20室
富山駅から約2km、神通川に沿った工場地帯に位置します。緑豊かな敷地内に、電気炉工場、鍛造工場、 熱処理工場と機械加工工場 が配置されています。

製造所平面図

沿革

1938年(昭和13年)4月 日本曹達株式会社より鍛鋼品および特殊合金鉄の製造を目的として開設
1949年(昭和24年)12月 企業再建整備法により日本曹達株式会社から分離し日曹製鋼株式会社富山工場と改称
1963年(昭和38年)4月 高炭素系の鋳鉄素材に特殊加工処理をほどこしたNTロールを開発
1966年(昭和41年)3月 砂鉄銑等の生産を中止し、鍛鋼品専業工場となる
1966年(昭和41年)5月 NTロールの製造ならびに販売の通常実施権を八幡製鉄株式会社(現新日本鐵株式会社)に許諾
1969年(昭和44年)6月 NTロールの日本特許を取得
1970年(昭和45年)1月 大平洋ニッケル株式会社を吸収合併し、大平洋金属株式会社富山工場と改称
1971年(昭和46年)8月 3,600t 鍛造プレス工場の新設
1974年(昭和49年)5月 40t 製鋼電気炉の新設
1982年(昭和57年)1月 20t ESR炉の新設
1984年(昭和59年)7月 大平洋金属株式会社から分離独立し、大平洋製鋼株式会社富山製造所と改称
1990年(平成2年)9月 3,600t プレスを4,300tに増強
1994年(平成6年)4月 40t 取鍋精錬炉の新設
1999年(平成11年)11月 炭素鋼 合金鋼 ステンレス鋼鍛鋼品についてISO9002取得
2003年(平成15年)11月 ISO9001に更新
2008年(平成20年)6月 50t VOD設備の新設
2010年(平成22年) 7月 第4機械工場の新設
2011年(平成23年)1月 8,000t 鍛造プレス工場の新設
2011年(平成23年) 10月 ISO14001を取得
2017年(平成29年) 1月 100t 取鍋精錬炉の新設

CONTACT お問い合わせ

大平洋製鋼株式会社

〒930-0808 富山市下新日曹町1-93
[営業時間]8:30〜16:50 [休日]土、日、夏季、年末年始