大平洋製鋼株式会社

VOICE -03
もしもの時を考えて動くことで
作業のゆとりを確保。
仕事全体の視野も広く保ちます。
山田  渉 YAMADA WATARU
鍛鋼部 鍛造課 熱処理係[2016年入社]
  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 先輩の声

  4. VOICE-03 鍛鋼部 鍛造課 山田 渉

入社の動機を
教えてください。

私は福島県の出身であり、高校生の時に東日本大震災を被災しました。福島第一原発の事故もあり発電所などのライフラインの重要性を実感したことから材料分野に興味を持ち、大学ではセラミックス材料を専門に学びました。就職活動の際には自らの原点に戻り材料分野、特に発電施設などと関わりの深い企業にてものづくりに携わりたいと考え当社に入社しました。

仕事の内容を
教えてください。

私の主な業務は製品の熱処理作業及び作業に関わる書類事務作業です。
熱処理作業では製品の移動や製品の温度管理などを、事務作業では熱処理条件の選定や作業記録の整理などを行っており、要求される材料特性を満たせるよう努力しています。

仕事を行う上で
心掛けていること、
仕事のやりがいについて
教えてください。

仕事を行う上で心掛けていることは、余裕をもって作業に取り組むことです。現場作業においては、必ずしも予定通りに作業がすすむとは限りません。その際にもできる限り迅速に対応できるように、もしもの時を考えて動くことによって作業のゆとりを確保し、また仕事全体の視野も広く確保できると考えています。

大平洋製鋼の良いところや
職場環境について
教えてください。

当社の平均年齢は40代半ばであり、私はまだまだ若い部類になります。ベテランの作業者が多く、仕事中は実際の作業を交えながら先輩方の仕事に対するノウハウや心構えなどの指導を頂けることで自らの習熟度が上がっていくことが非常に楽しいと感じています。

今後の目標があれば
教えてください。

実務作業を含めた資格などの取得を進めていきたいと思っています。現在取得を目指している資格のため学んだことが現場作業や設備等の理解を深めることが多々あり、非常に面白いと感じています。学んだ知識と現場経験の相互の視点からより理解を深め、目標のため今後も努力していきたいと考えています。

大平洋製鋼に就職を
検討されている方へ
メッセージをお願いします。

私自身もそうですが鉄鋼分野を専門に学んできた人の方が少なく、多くの方が入社してから鉄について知識を深めていきます。現在の鉄鋼分野では他の材料分野の研究の応用や材料解析などの技術が注目されており鉄鋼関連だけではなく、様々な知識や視点から考えることが増えてきています。当社においては若手のころから他社工場見学や研究会などの参加など様々なことにチャレンジできる機会が多々あり、新たな知識や視点を得やすい環境となっています。ものづくりに興味がある方、新しいことに挑戦してみたい方はぜひ当社をご検討ください。

JOB DESCRIPTION 募集要項
ENTRY
ENTRY

CONTACT お問い合わせ

大平洋製鋼株式会社

〒930-0808 富山市下新日曹町1-93
[営業時間]8:30〜16:50 [休日]土、日、夏季、年末年始