先輩の声 [松井 修平]

職種/技術系

部署・役職/品質保証部 技術開発課 技術開発係

松井 修平

出身学科/材料物性工学専攻

入社年/2010年

松井 修平

高校まで富山県内で過ごした私は、中学高校では柔道部に入り道場で汗を流す日々を送っていました。 高校卒業後は県外の大学に進学。大学では旅行を趣味として、鈍行列車を乗り継いで東日本一周を達成したこともあります。 このように、当時は自由な学生生活を満喫していました。

しかし、学生生活の後半、就職活動の時期に入ると、少し焦りながら地元の就職セミナーに参加しました。 地元への愛着から富山へのUターン就職を考えていたのですが、そこで出会ったのが大平洋製鋼です。 大学では鉄を含めた金属に関する研究を行ってきたため、それを活かせる鉄鋼関係の素材メーカーとして志望しました。

大平洋製鋼は、多種多様な製品を作ることができる強みがあります。 発電所の部品から大型機械部品、船舶部品といった、種類も違えば形状、大きさも違う商品を取り扱っています。

現在の業務は圧延ロールの調査・対応と、鍛造シミュレーションソフトの運用を担当しています。 近年は国内での学会発表数が少なくなっているため、鍛造シミュレーションを用いた研究を進めていきたいと考えています。

他社にない独自の製品の製造方法を開発するうえで、導入したばかりの鍛造シミュレーションソフトを使いこなせるよう、少しずつ勉強やデータの収集を行っていきたいと考えています。